ゴミ屋敷の多頭飼育崩壊



a0350686_01040439.jpg
ヒー助たちがいたゴミ屋敷のことには以前も触れました。
(過去記事→

部屋には家電品や布団や生ごみが
床から1メートル近くの高さにまで堆積していました。
a0350686_01035679.jpg
飼い主が出ていったこの一部屋で12頭が生活していました。
数日に一度は誰かがエサを置きに来ていたそうです。
「多頭崩壊」というほどの頭数ではないけれど環境が悲惨でした。
a0350686_13551802.jpg

何とかしたくても室内では手も出せずただやきもきしていたら、
あるときベランダ窓が一部壊れて猫は外に出ていました。
開いた窓から見ると部屋中ゴミや汚物で床も見えず空っぽの押入れにも糞尿が山盛り。
あとでわかったことですが床板が腐って底が抜け、床下では子猫も生まれていました。


一斉保護は無理でも避妊手術だけは急ぎたい。
もうこんな場所で新しい命を産ませてはいけない。
まずは全頭捕獲手術し元の場所に戻すTNRを目指しました。
そしてうちのスペースが空いたら順次保護しようと。
猫の搬送には伊藤さんと伏見さんに何度も車を出してもらいました。

思い余って保護団体に問い合わせたこともありました。
何頭かでもうちで保護するまでの一時預かりをしてもらえないかと思って。
でも断られました。保護団体も満杯。
わかってたのに、そのくらい思いつめていました。

a0350686_15303586.jpg


12頭中5頭を捕獲手術してリリースしました。
a0350686_15270274.jpg
a0350686_15270321.jpg
a0350686_15270290.jpg
a0350686_15270423.jpg
a0350686_15270180.jpg


4頭は手術して保護し、ヒー助以外の千尋、ナナコ、桜がもらわれました。

a0350686_16550050.jpg

a0350686_16550026.jpg



a0350686_15285053.jpg

a0350686_16550137.jpg



a0350686_15284996.jpg
a0350686_01011955.jpg





残り3頭は授乳中だったり健康状態に不安があって手術は保留しました。



授乳中だった母猫。
a0350686_12571101.jpg


左半身に障害がある虚弱な子。
a0350686_12570592.jpg


目がつぶれていたヒー助そっくりのたぶん兄弟。
a0350686_12572460.jpg

この子たち3頭と、TNRした5頭中4頭はその後都内の保護団体が引き取っていきました。
特殊な事情があって、公的機関からの保護依頼で動いたのでした。
猫の元飼い主は所有権を放棄し猫の救済を希望したのです。

a0350686_12325502.jpg
(保護団体のシェルターで)
a0350686_12325555.jpg
a0350686_12344278.jpg


そのことを知ったのは全くの偶然でした。
たまたま保護団体の捕獲現場に遭遇して情報交換ができたのです。

障害のある乳飲み子猫も発見、保護されました。
TNRした5頭のうち左目をケガした1頭は行方不明です
保護団体が引き上げた後も何度か探したけど見つかりませんでした。


a0350686_03280913.jpg

ヒー助たちの元飼い主は一人暮らしの男性で、近所の人の話だと
カラスや小鳥にもエサをやる動物好きな人だったそうです。
周辺の野良猫にもエサをやって、部屋に入れて、優しい人だったのでしょう。
けれど不衛生劣悪な環境で適切なお世話ができなければ猫は不幸です。


a0350686_02381152.jpg
元飼い主さんは猫たちのこと心配してるんじゃないかな。
ヒー助は甘えん坊だから可愛がってもらってただろうし。

a0350686_00492028.jpg

優しさから始まった多頭飼育崩壊は猫も人間も苦しめます。
ヒー助たちのケースではどうしたら未然に防げたのだろう。
預かり場所のない私がどう行動するのが最善だったのだろう。
現場を目撃して市や不動産会社に対応を求めて電話した人もいました。
私は逆に悪い結果になりはしないかとそれができませんでした。
「全頭保護」を提案できずに先方を納得させる解決策があったろうか。

保護団体に引き取られた7頭のうち4頭は現在もシェルターで里親募集中です。
あの子たちについてもいろいろな思いが交錯します。

どうすればよかったのかな。今度同じことがあったらどうすればいいのかな
今も考えています。

a0350686_01233082.jpg

ヒー助は元飼い主さんに会いたかったかな。
a0350686_00491271.jpg
教えてあげたいね、
腫れ物も悪い歯もなくなって口の痛みがなくなったこと、
冬はいつもストーブの真ん前を占領してたこと、
パウチや缶詰やちゅーるや刺身が大好きで痩せの大食いだったこと、
パンやポテサラも好きだったけど食べさせてもらえなかったこと(笑)
最後に食べた焼きささみがとってもおいしかったこと。

ヒー助のおとーさんに教えてあげたいね。



a0350686_12570475.jpg






[PR]
by rusuneko-2 | 2018-04-10 12:16 | 猫つれづれ


身よりのない猫の里親探しをしています


by rusuneko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

以前のブログはこちら
ねこ結び
(2011.5.~2016.1.18)



里親希望の方はご覧下さい
里親希望さん必読

以前の記事

2018年 12月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

タグ

記事ランキング

最新の記事

ブログ引っ越しました
at 2018-08-05 01:01
白血病を克服したハヤタ、8歳..
at 2018-07-30 13:45
本日ねこだいら譲渡会行ってきます
at 2018-07-22 09:21
ポコの幸せ ブログ不調
at 2018-07-20 09:31
キロロとぶんぶん
at 2018-07-10 17:28
ソファーと猫
at 2018-07-06 14:32
オモシロ子猫のモスグレータビ..
at 2018-07-04 12:33
コッペ君、ご指名だ
at 2018-07-02 12:43
迷い猫 ~あるSNSから~
at 2018-06-29 12:50
コッペ君お手伝いする
at 2018-06-27 12:04

画像一覧