<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

牡丹退院する




a0350686_10442195.jpg


交通事故に遭い動物愛護センターに収容されていた牡丹を収容期限切れで引き出して以来
ずっと入院させていましたが、このたび3ヶ月近くの入院生活を終えて我が家に引き取りました。



アゴの骨形成のため埋め込んでいたボルトは除去しました。
右目は視力を失い、緑内障になっています。左目は見えているようです。
今後は点眼しながら様子見しますが、眼球が膨張して破裂しそうになったら摘出しなければなりません。




a0350686_10442075.jpg




ただ、相変わらず自分で食べないし水も飲まないのでシリンジで食事介助が必要です。


7月末の時点で必要な処置や治療は全て終わっていて、本当ならいつでも退院可能でした。

でもフルタイムで働き10頭近くの猫の世話をしている現状では要介護の猫の受け入れは困難。

なので自分で食べれるようになるまではと退院を延ばし延ばしにしてきました。




でも、いつまで経っても自分で食べない(涙)。

自分で食べないからと永久に病院のケージに閉じ込めておくわけにもいかない。

それに入院代だけで月々10万近い費用をこれ以上続けるのもそろそろ限界。





ちゃんとお世話ができるか不安はあるものの、まずは退院!おめでとう!


a0350686_10441964.jpg



トイレは全く無視で、オシッコもウンチも垂れ流し。
においが分からないからか、そのウンチを踏んづけてケージの中も牡丹もウンチまみれです。



毛づくろいも相変わらず全くしないから浮浪者のように薄汚れて体中ごわごわのボサボサ。
顔といわずお尻といわずウェットティシュで拭いていますが、あまりきれいになりません(涙)。



a0350686_10442006.jpg




病院ではad缶をとろとろに水で溶いて朝晩二回与えていました。
水分摂取はその水で足りるといわれました。

でも、
水をごくごく飲んでノドの渇きを癒す爽快感を取り戻してほしいから
水は水だけでシリンジで与えています。


味覚が戻ってくれればと期待して、ad缶以外にもいろんなウェットフードをミキサーにかけて与えています。
空腹感はちゃんと感じるようで、お食事時には待っています。


a0350686_10441835.jpg





食べない。
飲まない。
毛づくろいしない。
トイレがわからない。


どうしちゃったのかな。
もうどこも痛みはないはずと先生は言うけど。
頭の打ち所が悪くて脳の記憶を司る部分が機能しないのかな。





アゴをなでると頭を押しつけてきてゴロゴロいいます。
でもお尻や足を拭かれるのは嫌い。





牡丹。

いつか、元の牡丹に戻ってくれるかな。

たぶんどっしり貫禄があって、

たぶん美味しいものが大好きで、

たぶん穏やかな甘えん坊だったであろう牡丹に。

a0350686_13230236.jpg






寧々さんが存外いい味出してるんですわ。
a0350686_08542624.jpg





子猫は誰が来ようがおかまいなしだし。
a0350686_13230449.jpg




優しい豪ちゃんに遊んでもらいます。
a0350686_13230390.jpg




正確には豪ちゃんが自分も遊びたくて子猫の輪の中に入ってくるんですけど。
a0350686_13230261.jpg




トップ姐は最近いつもここ。唯一ひとりになれる場所だもんね。
a0350686_13230192.jpg

猫嫌いな卯野ちゃんなりの折り合いのつけ方です。




[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-31 13:56 | 猫つれづれ

右手両足断裂骨折の子猫





或る朝、子猫がアマゾンの箱に入れられて動物病院の玄関前に置き去りにされていました。

子猫は痩せこけてぐったりしてボロボロでした


a0350686_08565068.jpg



右手両足断裂骨折。

右手は付け根から、両足は骨盤も関節もポッキリ折れて、ぶらんぶらんです。

右足のかかとは骨がむき出しになっています。
虐待か、交通事故か、わかりません。

足先は既に腐敗が始まっているので、負傷してから日数が経っていたようです。
ウジがわく寸前だったねという先生の言葉に背筋が寒くなりました。

道端で何日もうずくまっているところを発見されたか、家で何日か置いた末に病院に持って来たか。

どっちかかな。


何日も何日も、痛かっただろうねえ。怖かっただろうねえ。



a0350686_08565188.jpg

アマゾンの箱に入れられていたから、「アマ蔵くん」と呼んでいます。




ショックと激痛で?自分で食べないのでシリンジで液状栄養食やブドウ糖を与えています。




ぶらんぶらんの足・・・どこまで治るんだろう。

a0350686_08565259.jpg


がんばれアマ蔵くん。




[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-29 13:05 | 猫つれづれ

病院の待合室で 〜マミーちゃん親子〜



a0350686_01451171.jpg
病院の待合室で出会ったこの猫は元野良ちゃんです。




昔、お庭の樹上に巣を作っていた鳥のヒナを狙っていた猫がいたので追い払いました。

でも気になってあとを尾けていくと、駐車場で子猫を一匹育てていました。

鳥のヒナを獲ろうとしたのは子猫に食べさせるためでした。

お家の人はかわいそうに思い、また必死の狩りを妨げたことを申し訳なく思い、
親子2匹で飼ってあげようと決めました。

それ以来何日もかけて自宅へ誘導し、最後は子猫がエサにつられて玄関に入り、
親猫もそのあとをついてきたところで戸を閉めました。

子猫はまもなく馴れましたが、親猫はなかなかなつかなかったそうです。


a0350686_01451272.jpg




母猫だから、名前はマミーちゃん。

仲良し親子でしたが、子猫は数年前に足を怪我して治療のため病院に連れてきた際、病院の玄関先でキャリーの扉を破って逃走。一週間探し続けたけれど見つかりませんでした。





マミーちゃんはそれ以来ひとりぼっちです。

a0350686_01451212.jpg




飼い始めたのが12年前。

12歳以上であることは間違いないマミーちゃん。


a0350686_01451073.jpg



今年1月に食べなくなったので検査したらじん臓の数値がとても悪くなっていました。

今は毎日カリウムを服用し週二回透析治療に通院しています。

緑内障を患った右目には朝晩目薬です。






「ボーッとして動かないから目薬も簡単だしこのまんま運んでも平気なのよ」
a0350686_01451139.jpg







たしかにボーッとしたままキャリーに揺られるマミーちゃんを見送りながら、

マミーちゃんとご家族の紡いできた歳月を思い浮かべながら、

見知らぬ場所で迷子になった子猫のことが頭から離れませんでした。
a0350686_01440524.jpg






a0350686_07332837.jpg


寧々も迷子だったのかな。捨て猫だったのかな。







[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-21 09:29 | 家族募集中

あーくーしゅ☆*:.。





ブッちゃん・・・☆*:.。
a0350686_12521889.jpg





ブッちゃんの小さなお手手、可愛いね☆
a0350686_12521925.jpg



あーくーしゅ☆
a0350686_12522077.jpg




可愛い可愛いブッちゃんは本当に女の子らしい女の子だよねー
a0350686_12522127.jpg






ブッちゃんよりチビちゃんのマロンなんて、一生子猫のままなんじゃないかねえ。
a0350686_12522235.jpg



チビ助でもヤル気満々のマロンです☆
a0350686_12522361.jpg





[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-21 02:02 | 家族募集中

猫をキャリーで病院へ




福助くんのよだれが激しくなって、それに伴いお顔や手足がかなり汚れてきました。

口の中の痛みがひどくなってきたサインです。


a0350686_19384340.jpg






病院へ行こう、福ちゃん!

a0350686_00481004.jpg



ペットキャリーを過信してはいけません。

接続部が外れてキャリーが空中分解し猫が逃げたとか、

ねこが扉をぶち破って逃げたとか、よくあります。


実はうちでもこのうちの一つをやらかしました。

戸外に出る前だったので大事には至りませんでしたが…。

だからキャリーをむき出しで持っている人を見るとゾッとします。



a0350686_19384363.jpg






キャリーで猫を連れ出すときは、扉が開かないよう、上下二つにパカッと割れないよう、
紐やガムテープやバンドでしっかり補強します。

a0350686_19384470.jpg






それでも安心できないのでさらにキャリーを大型洗濯ネットで包みます。

万に一つでもキャリーから出てしまったときでも、これなら応急的に猫の逃亡を阻止できます。

a0350686_19384566.jpg






「とんだ目に遭いましたよ豪さん。」
a0350686_19384691.jpg




うちの子はそこまでしなくても大丈夫、とか思ってませんか?

病院の行き帰りの路上で猫がキャリーから逃げたというケースがいちばん多いように思います。




a0350686_00564549.jpg



猫の命を守るため、悲しい別れをしないため、キャリーを使う際は是非、二重三重の脱走対策を…。



a0350686_00565926.jpg









[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-20 01:13 | 家族募集中

大人から学ぶこと



トップ姐を背後からじっと観察するホルス。
a0350686_23110135.jpg





小さいうちは見るもの聞くもの全てが勉強ですね。
a0350686_23110049.jpg






ホルスはとっても素直で従順ないい子なんです。
a0350686_08465773.jpg





疑うことを知らず、何でもストレートに吸収します。
a0350686_08465791.jpg





大人のやることを一生懸命真似て、ホルスって、本当にいい子。
a0350686_08465896.jpg





いいのよそんなこと真似しなくて・・・。
a0350686_08465852.jpg





[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-17 17:30 | 家族募集中

フィーネ ~ネコ算式の出発点~




(福助くん)「なかなか、きれいな人ですね。」
a0350686_23394895.jpg





(豪ちゃん)「ああ見えて、子供7人に孫が11人いるそうですよ。」
a0350686_23394953.jpg
(福助くん)「・・・・・・。」









気がついたら1ヶ月が経っていました。

a0350686_17171172.jpg




先月からこちらのご婦人が我が家にご滞在中です。
a0350686_17171122.jpg


とっても美人さんなんですが、
a0350686_17171111.jpg



ご機嫌はあまり麗しくないようで。。。
a0350686_17171156.jpg




彼女の名はフィーネ。
(保護される前のフィーネの記事は→ コチラ。)


大恩人のnekoronさんから引き継ぎ、我が家で家猫修行を続けています。
a0350686_17171234.jpg



豪ちゃんの言うとおりなんです。
フィーネは昨年3頭、一昨年4頭の子猫を産み、一昨年の娘たちからは
4頭、4頭、3頭、計11頭の子猫が生まれました。
(一昨年の子供のうち1頭は幼いうちに行方不明になりました。)

フィーネ1頭から二年で総勢18頭に。これが恐怖のネコ算です。






去年生まれたマーゴ・レオ・ねね3兄妹はnekoronさんの尽力で素敵なお家にもらわれました。
a0350686_17182286.jpg
マーゴたちの暖かい愛情あふれるお家では、パパさんママさんそれぞれにブログをお持ちです。

DIY得意なゴーゴーパパさんのブログでは壮大なキャットタワー建築の過程を
日々のあれこれや猫たちの様子も交えながらワクワクドキドキ楽しめます。

パパさんのブログ→ DIY初心者のキャットウォーク作り♪


お料理上手でほんわか優しいママさんはチャーミングなお料理ブログで
魅力的なレシピや猫たちとのほんわかな日常を綴っています。

ママさんのブログ→ 『クックあこのキッチン








長男は大変なんだ・・・のマーゴ(右)。
a0350686_12330637.jpg






希望に満ちた微笑み王子♪のレオ。
a0350686_12330505.jpg






末っ子は甘えん坊~♪のねね。
a0350686_12330668.jpg







子育てと生きることにギリギリだった、この頃のフィーネ。表情も荒んでますね・・・。
a0350686_23592831.jpg




よく写真をみれば子育て中だとわかるのに、当時は軽率に子猫を残して避妊手術してしまいました。
a0350686_23585474.jpg








一昨年産んだ娘のマミちゃん。
a0350686_17251187.jpg


マミちゃんは4頭出産して、、、
a0350686_17235192.jpg


娘のぽにょともらわれました。
a0350686_17231657.jpg




マミちゃんのもう一人の娘、キッコちゃんもお嬢にゃん生活満喫中。
a0350686_12564067.jpg

外にいた頃のフィーネとマミちゃん。
a0350686_17175219.jpg







グラシアはマミちゃんの妹です。
a0350686_17212483.jpg



外にいた頃のフィーネとグラシア。
a0350686_17195717.jpg






パパママのブログで見るマーゴが、成長したらますます母フィーネに似てきたなあと感じます。
a0350686_17171259.jpg



幸せになった子供たち孫たちのように、フィーネにも幸せになってほしい。


意地を張るのをやめて、力を抜くだけ。簡単なことなのに。




そのことを、どうしたらフィーネに伝えられるんだろう。



a0350686_18130413.jpg
フィーネさんや、怒った顔ばっかりしてるとお鼻のシワが取れなくなるよ・・・。







[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-16 12:58 | 家族募集中

捨て猫テンテンちゃんとくりくりちゃん




近所の公園で毎朝健康体操の集まりに参加している室井さん。
その日も早朝の体操を終えた帰り道で、捨てられた子猫に遭遇しました。

a0350686_01495977.jpg

すれ違う人たちの話を総合すると子猫は4匹いたらしいのですが、
室井さんが保護に駆けつけたときには2匹しかいませんでした。
周囲を探したものの残る2匹は見つからず。

ほんのちょっとのタイミングで子猫兄弟の運命が分かれました。


a0350686_01550469.jpg




全く人を怖がらない完璧な懐き具合です。

a0350686_01515261.jpg




アンアンアンと鳴きながら人のあとをついてきます。

a0350686_01495820.jpg



カルガモの赤ちゃんみたい・・・やばいくらいの可愛さです。
a0350686_01495888.jpg




子猫って、罪ですね。。

a0350686_01515145.jpg




まー文句なし可愛いです。。。
a0350686_01515278.jpg



人に世話されていたことはまちがいない。
飼い猫の子なのか、なついている外の猫の子か、
外にどれだけいたのか、全身ノミだらけでした。


a0350686_01515117.jpg


表面が白い毛でその下がごま塩みたいで、
アンダーコートがグレーなのかしら?不思議な柄ねーと思ったら、


これは、ノミの糞なのだそうです。
a0350686_01484174.jpg
抱っこも無理かも。。。






シャンプーしたけれど、お湯を何度替えても糞が出る出る。
a0350686_01495760.jpg






しつこくこびりついた糞もあってなかなかとれませんでした。


カワイイねー!
a0350686_01484342.jpg





猫のシャンプーは二度としたくないと毎回思いますが、子猫は楽勝ですね。
おまけにこの子たちは超超なついているので扱いやすい。

a0350686_01484159.jpg




汚れをすっかり洗い落として、ほわほわさらさらの
パーフェクト子猫ちゃんになりましたー。
a0350686_01484318.jpg




検便結果は陰性でしたが、あまりあてにならないので
体重が規定値に達したら虫下しを飲ませる予定です。
ワクチンはまだまだ先。ウィルス検査も。





a0350686_01484215.jpg




生後1-2ヶ月の子猫の採血って難しいんですよ。
血管が細くて血がなかなか規定量とれないのです。
針を何度も刺し直したり長い時間刺し続けたりで子猫は苦痛を強いられます。


a0350686_01515010.jpg


それをおしてまで子猫のウィルス検査をするのはかわいそう。

しかも生後半年までは正確な結果が得られない精度の低い検査です。



a0350686_01515050.jpg


おっと話がそれてしまった。



この子たちに限らずどの子に対しても適切な時期に適切な医療処置を施し
健康管理には万全を期したいと思います。


a0350686_01515193.jpg





ノミダニは完璧に一掃しました(笑)。


a0350686_01484288.jpg






お目目がくりくりな坊やの名前は『くりくりちゃん』。
a0350686_01495878.jpg







頭のうしろに墨で点を書いたみたいな『テンテンちゃん』。
a0350686_01495970.jpg




怖い心細い思いを一緒に耐え忍んだ兄弟です。

紙一重で今ごろはなかったかもしれない命です。

テンテンちゃんとくりくりちゃん二匹一緒に迎えてくださるご家族との
ご縁を願っています。

a0350686_03300074.jpg
テンテンちゃんとくりくりちゃん、よろしくお願いします。









[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-15 03:40 | 家族募集中

おいちゃんがなぐさめてくれる



「おや坊ちゃん、ベソかいて、どうしました?」
a0350686_16392350.jpg





「怖いおばちゃんが、ガーガーて、どなって、ボクのこと、ぶったの。」
a0350686_16421156.jpg





「それは災難でしたね。気にしないことですよ坊ちゃん。」
a0350686_16421249.jpg







トップ姐の怒声で一瞬にして部屋中の空気が凍りつく・・・・
a0350686_01503864.jpg








「あ、おいちゃん、キレキレちてくだちゃい!」
a0350686_17343453.jpg




「すいませんねえ、うちの子がいつも世話になって。」
a0350686_17343407.jpg





「元気な坊ちゃんですね、奥さん」    「いえもう、やんちゃで。」
a0350686_17343446.jpg

誰にでも優しい豪ちゃん。ありがとね。






それにひきかえ、子供にまで冷たくあたって、大人げない。
a0350686_01503892.jpg

トップのくせに心狭いんだから。



[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-05 14:50 | 家族募集中

負傷猫、牡丹の容体


名前は『牡丹(ぼたん)』。
a0350686_18551148.jpg



車に轢かれて死んだと思われ、道ばたに一晩野ざらしにされていた牡丹。
(そのときの記事はコチラ→『車にひかれた猫』)



愛護センターの獣医師からは、もう助からないのでは、と言われましたが、
収容期限が切れた日にまだ生きていたので、看取るつもりで引き取りました。


a0350686_18551215.jpg
※左まぶたの炎症は『好酸球性皮膚炎』です。
自分の細胞が自分の皮膚を攻撃してしまう、みたいなものだそうです。
治療にはステロイドの軟膏を塗っています。





右目から飛び出して落ちそうだった眼球は自然に吸収しました。
視力は失ってしまいましたが、光は感じています。

a0350686_18551313.jpg





入院して2ヶ月弱になる先週、アゴの骨を固定するために埋め込まれていたボルトを外しました。

そのときに避妊手術もしてもらおうと思ったら、牡丹は避妊手術済みでした。
ごろにゃんの甘えたさんなので人に世話されてる猫だとは思っていましたが・・・。



出入り自由の飼い猫なのか、外飼いでもきちんとお世話されてる猫なのか、
いずれにしても大事に可愛がられていたと思います。


警察にも愛護センターにも問い合わせはありませんでしたが

探してはいるけれどそういう手段を思いつかないだけかもしれない、

今も牡丹のことを心配して必死で探しているかもしれない、

そう思いたいです。





a0350686_18551105.jpg


牡丹、本当はもう退院してもいいくらい回復しています。

ただ、自分で食べません。

入院してからad缶という高栄養食をシリンジで流し込んでもらう食事がずっと続いています。

退院するためにはまず自分で食べれるようにならないと。


a0350686_18551231.jpg



それと、牡丹は毛づくろいを全くしません。だから体はボサボサのまま。
口が痛いからではないらしい。体中どこも痛くないはず、と先生は言います。

なぜ食べない。なぜ毛づくろいしない。

先生に言わせると、「本人のヤル気の問題」に尽きるのだとか。。。

事故のショックと激痛と環境の激変で生きる気力が失せてしまったか?



視力を失った牡丹。でも、ほかは何も失っていない。


いや。


やさしかった母さんには、もう二度と会えなくなったね。






昨日の牡丹。ケージから出ようとしてなかなか扉を閉めさせてくれません。
a0350686_12120064.jpg

もう、ここにいたくない、早くおうちに帰りたい、と言ってるようでした。

帰るおうちは、もうないのよなんて、絶対、言えない。

がんばらなくては。



[PR]
by rusuneko-2 | 2016-08-03 14:24 | 猫つれづれ


身よりのない猫の里親探しをしています


by rusuneko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

以前のブログはこちら
ねこ結び
(2011.5.~2016.1.18)



里親希望の方はご覧下さい
里親希望さん必読

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

タグ

記事ランキング

最新の記事

寧々ちゃの夏の終わり
at 2017-08-20 14:17
豪ちゃんの青い鳥
at 2017-08-13 21:56
おかえりポコまる子!
at 2017-08-04 15:49
行き倒れの子猫
at 2017-07-31 12:45
トイレ使わない派に『ういろう』
at 2017-07-27 02:55
子猫すくすく&母猫さんも募集!
at 2017-07-26 12:57
豪ちゃん毛玉刈り完了!!
at 2017-07-25 22:25
豪ちゃんの毛玉を刈りたい
at 2017-07-21 00:15
【千尋】世話焼きオバサンの火..
at 2017-07-19 16:26
子猫たちみんなお見合いします!
at 2017-07-14 12:19

画像一覧